2005年04月04日

ロブスターで乾杯


題名を見るとすごく豪勢な感じがしますよね。
先日、スナックにいった後、友人とともに中国といえばこれしかないだろというべきとってもローカルな味を食べに行きました。

robster.jpg

みれくれはまさにロブスターそのものです。
ちょっと小さいだけで。。。。
まあ、平たく言えば「ザリガニ」といったところでしょうか。
中国語では「小龍〈虫下〉(xiao2long3xia1)」呼ばれています。

でも、火を通したあとの色合いはまさにレッドロブスターです。
味付けは唐辛子と山椒の実がかなりきいています。
とっても辛いように思いますが、殻をむいてしまうと意外と辛くありません。

これをつまみにビールを飲むというのが中国人の間でもかなりご機嫌なようです。
南方人は食べないようですが。

posted by ハリセン太郎 at 02:15 | 北京 | Comment(7) | TrackBack(0) | 北京レストラン紹介

2005年03月23日

やっぱB級グルメでしょ


三里屯北街を友人とうろうろしていて、中国B級グルメの代表格、羊肉串(yang2rou4chuang4:羊の串焼き)のお店を見つけました。
三里屯北街、飲むお店が中心で、飲んで食べてというお店は意外と隅っこのほうに追いやられた感がありますが、今回紹介する「〈金白〉鉢串〈口巴〉」は、メインストリートに程近いところにあります。

burbern.jpg

ここの特徴はなんといっても羊、鶏、野菜類を串に刺して焼いてくれることです。
また、もうひとつ中国B級グルメを語るときになくてはならない砂鍋料理もお勧めだとお店の人が言っていました。
これはさまざまな素材を土鍋で煮込んだもので、十数種類があるようです。
今回は砂鍋料理を頼まず、串焼きとビールのみだったのですが、味はまずまずです。
辛いのが苦手という人はちょっときついと思いますが。

posted by ハリセン太郎 at 04:24 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京レストラン紹介

2005年03月09日

ラーメン道場


3月12日にオープンするラーメン屋がすでにプレオープンしているという情報が入ったので早速行ってみました。
場所は五道口の華清嘉園の東側、地下鉄13号線に面したあたりです。

ramendojyo.jpg

なんでも日本人の経営で、しかも自分の故郷である横浜でラーメン屋をやっていたということで、かなり期待感大です。
横浜といえば「家系ラーメン」、こってりとしたとんこつしょうゆ味が基本、日本にいたときは週に4日はラーメン屋に足を運んでいた時期もありました。
余談ですが、8時間のうちに3件のラーメン屋をはしごしてスープも残さずに飲みきったという記録も持っています。

ここで注文したのはチャーシュー麺と卵、そして海苔です。
横浜風にいうと「チャーシュー海苔増し卵」でしょうか。

posted by ハリセン太郎 at 01:42 | 北京 | Comment(3) | TrackBack(2) | 北京レストラン紹介

2005年03月07日

北京お店紹介番外編


友人と一緒に05年3月号の北京ウオーカーで紹介されている「大都酒〈口巴〉街」に行ってまいりました。

dadu2.jpg

小川のほとりに30軒以上のバーがオープンして以来5ヶ月程度だそうです。
でも、閑古鳥が鳴いていました。
どの店もお客の姿はほとんどなく、ライブの歌声がむなしく響き渡っている感じでした。
さらに、最近の気温の上昇から、目の前の小川の氷が解け、かなり臭いです。
もっと温かくなって、オープンテラスで飲むのが気持ちよくなる時期は大きな問題となるでしょう。
立地条件もいまいちなのではないでしょうか。

posted by ハリセン太郎 at 04:24 | 北京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北京レストラン紹介

2005年03月05日

Paddy Field’s


昨晩、先輩とともに来来軒で食事をした後、亮馬橋路の高〈女闌〉大厦対面に新しくできたアイリッシュパブ「Paddy Field’s Irish Pub(稲田愛爾蘭酒〈口巴〉)」にいってきました。

paddyfields.jpg

以前当ブログの中で三里屯南街の紹介をしていたことがあるのですが、そこで出てきたアイリッシュパブが場所を移して営業しているという情報をつかんだからです。

結果から言うと、今回行ったお店はそことは別のお店でした。
しかし、雰囲気もよく、なかなかにぎやかな雰囲気でお勧めです。
ご機嫌な音楽とギネスの生ビールがあればもう何もいらないって感じです。

「Paddy Field’s Irish Pub(稲田愛爾蘭酒〈口巴〉)」
朝陽区亮馬橋路33号高〈女闌〉大厦対面
tel:8799-7277

posted by ハリセン太郎 at 15:11 | 北京 | Comment(4) | TrackBack(0) | 北京レストラン紹介

2005年03月02日

また来て屋


昨日は2月28日に仮オープンしたばかりの大阪風お好み焼き屋「また来て屋」に行ってきました。

matakiteya.jpg

日本にいたときは、2ヶ月に一度の広島出張のたびに広島風お好み焼きを食べていましたが、大阪風はほとんど食べたことがありません。
感想からいうと、なかなかおいしいです。
2人でついつい3枚も頼んでしまいました。

okomomiyaki.jpg

また、お好み焼き以外のメニューも充実していて、ちょっと飲みながらというのにも向いているのではないでしょうか。
日本人スタッフがホールに2人いることもあり、中国語のだめな人でも安心して注文したりできます。

仮オープンの期間中(おそらくあと1週間もないと思います。)は、全メニュー半額ということですので皆さんぜひ行ってみてください。

また来て屋
TEL:6462-5867
場所は女人街そば、東方七彩の一番東側、炉端焼「晴海」の隣です。
posted by ハリセン太郎 at 18:41 | 北京 | Comment(8) | TrackBack(2) | 北京レストラン紹介

2005年01月14日

知り合いのお店、「来来軒」の宣伝です


北京にある日本人経営のとんこつラーメン屋、来来軒がブログを始めました。

オープン以来度重なる味のマイナーチェンジを繰り返し、現在の味を作り出しています。
これからも味はどんどん変化していくと思います。
ラーメン屋さんですが、オーナーがもともと日本の中華料理店でコックをしていた関係上、ラーメン以外のものもおいしいです。

ぜひ一度足を運んでみてください。

来来軒
住所:北京市朝陽区新源西里中街8号
電話:010−64678719
来来軒ブログ

注:自分はお店の回し者ではありませんのであしからず。
posted by ハリセン太郎 at 21:34 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京レストラン紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。