2005年03月22日

中国の消防車

中国に来てもうすでに3年以上が経っていますが、ずっと前から日本との違いを感じていることがあります。
火事になったという話をほとんど聞きません。
たまに民家のガス爆発の話は聞くのですが。
日本の木造建築主体と違い、レンガ建築なのでそれほど燃えることもないということなのでしょう。

それにあわせるように、消防署の存在も見たことがありません。
ただ1箇所、北京市内の大使館地区付近にあるもの以外は。
こちらは武装警察が管理している大使館のための消防署のようです。
中にある消防車も武装警察ナンバーをつけています。
ちなみにこちらの消防車はベンツです。

しかし、東郊市場に行ったとき、初めてローカルな消防車を見ることができました。
ちょっとレトロな感じが好きです。

fireengine.jpg

でもこちらも市場専用なのか、ナンバーは付いていません。

街中に人民のための消防は存在しないのでしょうか。
もし火事になったら燃えたっきり終わりなのでしょうか?
posted by ハリセン太郎 at 00:42 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | とりとめもなく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。