2005年02月03日

電気ネタその2

ご無沙汰しております。
いよいよ春節まであと1週間です。
そんな感じなんですが、最近アップを怠っていたら友人から催促されてしまいました。
ということで、また持ちネタからアップします。

先日とある金曜日、夜8時くらいに友人宅にいたときです。
突然家に来ていた彼女から電話が入りました。
どうやら停電になったということです。
「暗くて怖いからろうそく買って早く帰ってきてほしい」といわれたのですが、どうせすぐに回復するだろうと思い、そのまま放置しておきました。

するとしばらくしてまた電話が入り、「電気代を全部使い切ったために停電になった」といわれました。

ここに引っ越してきてからほぼ3ヶ月、引っ越してきたばかりのときに銀行で200元の電気代を先に支払ったのですが、それを全部使い切ってしまいました。
以前の部屋だと一月に50元位の電気使用料だったので、使い切るのはまだ先だと思っていたのです。(中国のローカル住宅の電気代の支払いには、日本と同じようにメーターを定期的にチェックされて電気代の請求書が届き銀行に支払いに行くパターンと、家を借りるときに大家から電気代の振込みカードを一緒に受け取り銀行で任意の金額を先払いしてからメーターに差し込むと電気が使えるようになるものの2種類があります。今住んでいるところは後者のほうです。)

明日の朝まで電気が使えないのはちょっと問題だと思い、早速近くのスーパーで懐中電灯とろうそくを買って帰りました。
彼女はどうやら洗濯中だったらしく、暗い中で一生懸命手洗いで洗濯の続きをしていました。
とりあえずろうそくに火を灯し、ぼんやりとですが家の中に明かりが灯り、続いて懐中電灯に電池を入れましたが、点きません。
よくみたら豆電球が入っていませんでした。
点くわけないです。
間抜けです。
後日同じスーパーに行ったとき、同じ製品を見たら、他のものはすべて電球が入っています。
こういうところである意味引きが強いです。

買って来た中国のろうそく、なにやらフルーツ系の匂いがついています。
一番でかいやつを3本買って来たのですが、おかげで部屋の中がくさいです。
アロマ?とはいえないような感じの不快感を催す匂いです。
結局この日は12時前に寝ました。

次の日朝一で電気代の支払いに行ったのは言うまでもありません。

中国の銀行は土日でも休まず営業しているので意外と便利です。
どうやら最近電気運がないようです。
次はどんな電気系トラブルがあるのでしょうか。

teiden.jpg
写真は自分が使っている電気のプリペイドカードです。
このカードを銀行に持っていって補充してもらいます。
posted by ハリセン太郎 at 16:54 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1814630
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。